情報
塾長の独り言
指導方針
君のがんばりを応援する
特徴
入塾をお考えの方へ
会社概要
お問い合わせ
 
 

英語は文系・理系を問わず、大学受験の最重要科目です。
英語を味方につけて難関大学を突破しよう!

★中学部の英語の特徴

中学受験が終わった小6の生徒を対象に、2月の3週目から中学準備講座として、英語の勉強をスタートしています。
アルファベットから始めて、中1の1学期までの先取り授業を行うことによって、スムーズに中学生活に入れるようなカリキュラムを組んでいます。
中学1年・2年の生徒は平常授業で週に2回の英語の授業があり、毎回単語テスト・熟語テストを行っています。
高校受験生は毎日単語テストを行っております。中3の1学期までには中学全範囲の文法項目を終了して高校入試問題を題材とした特訓授業も並行して行っていきます。これによって例年、英検準2級までの合格はもちろん、志望高校への高い合格率を生み出しています。

★中高一貫校生徒の陥りがちな盲点

高校受験がない中高一貫校では、学校の定期テスト対策に追われがちで、英語の実力はあまりついてないという例が、よく見られます。
学校側がいくら高度な指導をしていても、授業内容が本人の学力レベルと一致していない場合には消化不良に終わり、成績の向上は望めません。当塾の調整コースは、もう1度基礎からやり直して、高校受験組の生徒たちに負けないくらいの実力を身につけて高校に進学することが可能なコースです。

★高校部の英語の特徴

高校部は高1・高2・高3という学年分けをせずに、中3程度の文法事項が抜けていないか、中学レベルの単語・熟語を覚え切れているかを徹底的にチェックします。その上で文法の授業を受けて理解を深め、並行して中学レベルの単語・熟語から最難関私国立大学レベルの単語・熟語までを受験直前まで毎回テストを続けます。この地道な作業が最終的には大学合格へ大きな力を発揮します。

 
★ただ今、無料で実力診断テスト実施中です。お気軽にご相談ください。


Copyright © 修道進学ゼミナール All Rights Reserved.